『若狭路ハッピースマイル運動会』というイベント名に込めた想い。

若狭路ハッピースマイル運動会

「海」「山」「湖」…風光明媚な自然に恵まれた若狭。この地の宝である自然をスポーツを通じて一人でも多くの方々に楽しんでいただこうと3年前より進めてきた「若狭路スポーツトリップ(若狭路スポーツ関連事業)」。現在までに「若狭路センチュリーライド」「若狭路パドリングフェスタ」「若狭路オープンウォータースイミング」「若狭路トレイルラン」という名前の下、日本全国から延べ4000名以上の方にお越しいただき、若狭の地でスポーツを楽しんでいただきました。

今回の運動会(undokai)開催にあたってイベント名を考える際、まず頭にはこの地をイメージできる「若狭路」を掲げました。そして次に、参加者はもちろんのこと、この運動会に関わる方々みんなが「幸せな笑顔があふれる運動会」にしたいという強い思いから『ハッピースマイル』という言葉を選びました。

『ハッピースマイル』。自らの口から発するには少々照れくさいフレーズではありますが、この言葉を参加者・関係者・地元住民みんながことあるごとに口にすることで、理想から現実へと近づいていくのだと信じています。『ハッピースマイル』がこのイベントをきっかけに拡散され、当たり前のように使われる言葉になることを夢見て、このタイトルで『幸せな笑顔があふれる運動会』をつくり上げたいと思います。